シチュCDシルクロード おとどけカレシ

先日「俺は理想の女攻めシチュCDを求めてシルクロードを歩く旅人だ」という大そう気持ち悪い記事を書いた所。

某担当から、こんなのはどうでしょうとシチュCDが送られてきた。

一流のオタと言うのは、他人が自分の沼に興味を持った瞬間、布教物を胸にねじ込んでくるのである。

「それ面白いよ、機会があれば見てみて」などというぬるいことを言っている奴はいつかジャンルと一緒に干上がる。

機会があればじゃねえ、機会は己で作るものだ、もう相手のドタマにSAWに出てくる装置を装着してでも「見せる」べきなのだ。

本気で布教したいならブツを差し出す出費を恐れてはいけない、金がないなら「もし見てハマれなかったら3発ぐらい殴ってくれていい」と己の体を差し出す覚悟がいる。

ともかく光の速さで送ってこられたシチュCDだが、意外なことに全年齢である。

 

私はシチCDを買う時「せっかくだから俺はエロい奴を買うぜ」と大体18歳以上推奨を買うので、実は全年齢は始めてだ

さて、内容だが、一週間レンタルカレシと過ごすという話なのだが、このキャラは表面上、ドS俺様を装っているが、実はヘタレという設定である。

なかなか目の付け所がいい。私は個人的趣味として、俺様はともかくドSは苦手な方である、どうしても萌えより苛立ちの方が先だってしまう、よってドS系を陥落させたり、ヘタレに反転する奴はかなりの鉱物である、

あと全年齢故の安心感がある、何があっても「まだこいつとやっているわけではない」と仙道の顔で落ち着くことができる、逆にエロがあるとエロ以外への集中力を欠いてしまうのでストーリーやときめき重視の場合は全年齢の方が逆に良いような気がする。

よってこのCDかなり良かったのだが、最後が少し残念だった、全年齢だが「このあとメチャクチャセックス終わり」をするのだが「女の喜ばせ方は知っている、みたいなことを言うのである」実はヘタレで行くならここはDT丸出しで良かった気がする。

 

俺のシルクロードはまだ続く

この果てしないシチュCD坂よ

みかん

今日書いた絵

あわせて読みたい