全ては股間の思し召し

 

あかるいところでまちあわせ

へしさにまとめに続き、とうらぶの典さに本あかるいところでまちあわせのDL販売始まりました

書きおろし等は特にありませんので、本で見逃した方はどうぞ(本での再販予定はありません)

 

トークイベントマンガのハナシでは「メインゲストが喋らない」というハンデを補うため、内容に色々趣向が凝らしてあるのだが、その内の一つとして「ガチャ応援上映」をやることなっている。

イベント中、私がリアルタイムでガチャを回し、それを客が応援するという催しだ。

何言ってんのかわからねーと思うが、何せメインゲストが喋らねえんだから仕方がない、こらえろ。

引くのは当然FGOのガチャの予定だったのだが、その日、何のピックアップが行われるかは未知数であった。

確かに私はゴリゴリのガチャ依存症患者であるが、それは「股間がいう事を聞かない」という、ギャンブル依存症というよりセクロス依存症に近い症状なのだ。

股間が反応しないキャラのガチャは衝動が容易に抑えきれるのである、逆に言えば「テンションが上がらない」終始、外国人4コマの2コマ目なのだ。

よって、「全く股間反応のないガチャを自腹で回す」という地獄が展開される恐れがあったのだ、そうなったら最悪「欠席」もあり得る。本当にそのスポーツを愛しているならいくら積まれても八百長には応じないのと同じように、私もガチャを愛しているからこそ、股間に逆らってまでガチャを回したくないのだ。

しかし、それは幸い杞憂に終わった。

イベント当日のガチャには「剣ディルムッド」が出るからである。

FGOと言えば口を開けば土方さんな私だが、他にも好きなキャラはたくさんいるし、ディルムッドもプレイ初期から好きなキャラである。

ディルムッドは、まず顔がいい、そして顔がいい、あと忘れてはならないのが、顔がいいということだ。

あとエロい、顔はもちろんエロいが、体もエロい、そして設定もエロい。

半裸キャラはたくさんいるが、何故か彼だけわいせつ物陳列罪に抵触しており直視できない。

よって槍ディルも早いうちに育てたし、噂の剣ディルも心待ちにしていた。

だが、噂になってから一向に実装されず、もう出ないものだと思っていた、しかしそんな彼が、イベントの日に出てくれるのだからこれ以上ない。

しかし、問題は「出なかったらマジへこみする」という点である、正直そこで帰ってしまうかもしれない。

やっぱり俺はエンタメとしてガチャは回せない、いつでもマジだ、だからお前らも本気で応援してくれ

 

あわせて読みたい