山口ゆめ花博

山口ゆめ花博に行ってきた。

地元のイベントであり会期は2か月近くある。無職の強みを生かし、平日昼間、人がいない時に行くつもりだったが、この自宅神推し同担拒否過激派のこの俺様が、1人で外出なんて真似するわけがなかった。

ちなみに会場までは車で30分弱だ、つまり宇宙よりも遠い場所ということだ。

気づいたら終了まで1週間ぐらいになっており、このまま行かないかな、と思われていたが、夫に「そろそろ行かねばなるまい」と言われ行くことになった

しかし夫は気づいたら最近60連勤ぐらいしており、土日だろうが昼間は無理ということで夜行くことになった

まずわかったことは、花博なのに夜行くと花が1ミリも見えないということだ

ちなみにこの会場はきららドームという場所である。

負ける技術などで「若いころ二日連続1人でBBQをした」という話をしているが、そのBBQをした場所がこの「きららドーム」なのである。

つまり全てここからはじまった、と言っても過言ではない、悪いものが。

この花博でもBBQは出来るらしいがそれは昼間のみ、しかも隣には夫がいる「俺も年を取った」としか言いようがない。むしろあの時一人でBBQをやって本当に良かった

夜は植えられた花は全く見えないが、このようにライトアップされたり、夜用の催しもあるので夜来て悪いわけではない。

ちなみに「VRで明治維新を体験できる」という字面だけだと微妙なコーナーがあるのだが、このVRには声優の安元洋貴氏が出演しており「もっとそこを推せよ」と言われていた。

私もこれが目的と言って過言ではなかったのだが、このVRやはり人気なようで行った時点で整理券が終わっていた

この時点で988%来た意味がなくなってしまった、貴様は本当に何のために無職になったのか、平日昼間、定年退職後の方が9割占める時に来ればこんなことにはならなかった。

 

しかし終わったものは仕方ない

よってブランコに載った。VURANKO、略してVRである。

夫もVRを堪能。ちなみにVRで遊んでいたのは子どもばかりで「中年二人組」は我らだけだった。

会場では大道芸の方がショーをしていたのだが、これがすごく面白かった。

「youtubeで見る」が口癖の私だが、生で見ると本当にすごい、あとみんなトークが面白い、ずっと喋りながら、火がついた棒とか回すのだ。私など、火がついた棒を持ってなくても喋れない。

そして「この道15年、皆さまの応援がないと続けられません」という口上にすっかり感情移入、私も皆さんの応援がないと続けられない身である。

よって最後のおひねりタイムには微力ながら小銭を入れさせてもらった、無職ゆえそんなには入れられず申し訳ない

片や夫は千円入れていた、さすが厚生年金の奴はやることが違う。

 

宣伝してなさすぎ、地味と言われがちな、我が故郷の催しだがすでにちゃんと面白かったし、すでに100万人来場しているようだ。

まだ一週間あるので、お近くの方は言ってみてはどうだろうか

 

 

 

 

 

あわせて読みたい