007カジノロワイヤル

 

前回ドラマハンニバルの話をしたら「007 カジノロワイヤルにも興味が湧いた」という人がいたので、してやったりと言ったところだ。

奇しくも新作の発表もされたことだし、これはもう見るしかないだおる

 

私は映画の話をしろと言われたら「八甲田山」「デビルマン」「ディープブルー」の話しかしないし、デビルマンにおいては映画の話じゃないのに勝手にしはじめるほどだ。

だがもし「その三つ以外の映画の話をしろ」と親を人質に言われたら、このカジノロワイヤルの話をすると思う。

 

カジノロワイヤルは、言わずと知れた007シリーズの1作である。

シリーズ長すぎて、今更見れない、と思うかもしれないが、私も007を見たのはダイ・アナザー・ダイ からという、にわかも良いところだ。

だが正直007は「ジェームズボンドというコロ助のライセンスを持った英国スパイが何かスケールのでかい(たまに小さい)悪と戦う」程度の知識があれば大丈夫だ。

特にカジノロワイヤルは主演がダニエルクレイグに変わってからの第1作目なので、非常に入りやすい。

歴代のボンドのことをあまり知らないので、確かなことは言えないが、クレイグボンドは、先代のような陽気さのあるスケコマシ感がなくなり、あまり笑わないクールなキャラになっている。

また007といえば「ボンドガール」という、主な仕事はボンドとパツイチ、という美女が出てくることでもおなじみだ。

このボンドガールは、基本的に「使い切り」というワンデーコンタクトのような女で、良く言えば、後腐れがない。

次作でボンドが前作のボンドガールなどまるでいなかったかのように、新しいボンドガールとベッドで波乗りしてても、リストカットの写真とか送ってこない、非常に話のわかる女たちなのである。

だが、クレイグボンドシリーズの場合「ボンドガールが後腐れちゃっている」という特徴がある。

特にこのカジノロワイヤルの後腐れっぷりたるや、あまりに腐れすぎてしまい、次作でボンドがボンドガールと不発という「まさか」の展開になるほどの腐れっぷりだった、ボンドが「自分の仕事」を忘れるなんてよほどである。

だが逆に言うと、ボンドも視聴者もしばらく股間が腐り落ちるようなラストだからこそ、私はカジノロワイヤルが好きなのかもしれない。

そんな、カジノロワイヤルの悪役として出てくるのが、ドラマ版ハンニバルで、ハンニバルを演じているマッツ・ミケルセンである

私は007だけではなく、アクション洋画は「悪役がキモイほど面白い」と思っているのだが、そういう意味でこのマッツが演じる「ル・シッフル」は5000兆点である。

カジノロワイヤルを語る上で外せないし、外したら話すことがなくなるのが、このル・シッフルによる「ボンドのキソタマを執拗に攻める拷問シーン」である。

凄惨な拷問など他にもいろいろあるだろう。だがあえて、あえて、この私ル・シッフルが選びましたのは、このキソタマを必要以上に責める拷問、という感じが良い。

おかげで「クレイグボンドのアイデンティティはキソタマにある」と視聴者に強く印象付けることに成功している。

もしかして、次作でボンドガールと不発(他の女とはやっていたような気がしないでもない)だったのも、女如きの後腐れではなく、この拷問の影響だったのかもしれない、だったら仕方がない。

拷問のやり方だが、まず底をくりぬいたイスに全裸のボンドを座らせる、するとスケベ椅子の原理で、ボンドのアイデンティティが下に垂れ下がる。

それを下から、荒縄的なもので、バッシバッシとしばきあげるのだ。

もちろん激痛で絶叫するボンドだが、屈することはない。

むしろ「そこじゃない!もっと右だ!」など指示を飛ばす。

それがジャストミートすると、今度は「イエース!イエース!イエース!」と大絶叫

完全にボンドが「オーイエス!カミン!シーハー!シーハー!」の洋ピン女優状態なのである。

洋ピンと化したクレイグのキソタマを汗みずくで責めるマッツ

 

「なんだこれ」

 

そうとしか言えないのだが、もしこのシーンがなかったら、カジノロワイヤルはもっとボンヤリした映画になっていたと思う。

このシーンだけでも見る価値があるので、ぜひゴールデンウイークにでも見てみて欲しい、ゴールデン玉だけに。

ちなみに、007シリーズと言えば躍動感あふれるベッドシーンも楽しみの一つだ。

洋画のベッドシーンは大体アクションが派手なのだが007シリーズは特に躍動しており、カジノロワイヤルでも、絡み合いながら部屋に突撃してくるさまは必見だ。

 

娯楽映画として非常に面白いのでお勧めである

 

 

 

 

 

あわせて読みたい