エンドゲーム感想

アベンジャーズ・エンドゲーム見て来た。

私はアベンジャーズシリーズはもちろん、他派生作品もほとんど見てないので、果たしてエンドゲームを見てもわかるのか

それ以前に「上演時間3時間」という時点で我々頻尿の民は行くのを躊躇してしまう、しかし結論から言うと見て良かった。

 

とてもじゃないがストーリーを説明できる話ではないので、個人的に印象に残った部分を羅列していくが、確実にネタバレするので、これから見る人は絶対に以下読まないことをお勧めする。

 

 

 

 

 

 

 

(=^・・^=)(=^・・^=)(=^・・^=)(=^・・^=)(=^・・^=)(=^・・^=)(=^・・^=)(=^・・^=)(=^・・^=)(=^・・^=)

 

 

3時間という長丁場の映画だが、まず開始10分で「1回終わる」

前作で、人類の半分を消した、最強のラスボス「サノス」が人生の楽園状態で登場。すぐ死ぬ

つまり、開始してすぐ「映画館を出るチャンス」が訪れてるのだが、もちろんでない方が良い

そして「5年後」という、俺たちはジャンプの10週打ち切り漫画を見ているのか、という急展開、半分消された人間を諦めるのではなく「そうだ過去に戻ってノーカンにしよう」という話になっていくのだ。

ちなみに、5年の間にトニースタークには娘が生まれている、こんなに「パパ」が似合う奴がいていいのか、正気か?

 

 

ちなみに前作登場しなかったホークアイが今回は登場し、かなり活躍するのだが、ネットの世界でいろいろあっため彼が画面に出てくるだけでちょっと面白くなる、という現象が起こっていた。

メンバーが何手にも別れて、過去に戻り、イソフィニティーストーンを回収するのだが、ここが胸アツの連続なのだ、多分全シリーズ見た人は、心配停止と蘇生を100億回繰り返したと思う。

ソーと、前作から私の推しになった、ウサギ氏ことロケットが一緒に昔のアスガルドに行く。

 

ちなみにソーは、サノスを一旦倒した後、自暴自棄から自堕落になり、5年後クソデブになり再登場する。

その後、バナーと融合し、菩薩のような顔をするようになったハルクなどに励まされ、やる気を取り戻す。

だが、ここで意外なのは、てっきり精神的に立ち直った時点で、体もシェイプした状態に戻すのかと思いきや、ソーは最後までクソデブなのである。

これは新しい。確かにヒーローが途中ヤケになり心身共にグズグズになる展開は良くあるし、それが立ち直った時、心はもちろん見た目も整っている場合が多い。

これにより我々は無意識のうちに、魂だけでなく、身なりもシュッとしなければ「更生」とは言えないと思い込んでいたのではないか。

そんなことはないのだ、魂さえ立ち直って言えば、クソデブで何が悪い、見た目も良くならなきゃ立ち直ったと言えない、というのはおかしい。

そんなルッキズムへの強烈なアンチテーゼ、かどうかは全然わからないが、とにかくソーはクソデブのまま戦い、クソデブのまま世界を救い、クソデブのまま新しい人生を進み、そして最終的にクソデブのままカッコよく見えるからすごい。

ちなみにソーが前作で強くなりすぎたため、バランスブレイカーにならないように、太らせた説もあるようだ。

しかし、タイムスリップした時点ではソーはまだグズグズ状態であり、それがカワイイし、それを叱咤激励するウサギ氏にも惚れ直した。

 

「元カレと元カノ」という、人選者のデリカシーはどうなっているんだという、ブラック・ウィドウとホークアイペア。

「ドーゾ、ドーゾ、ドーゾ」とはならなかった。

それにしてもブラック・ウィドウェ…だ、妻子持ちになった元カレの前でよくぞ、だ。

しかしソウルストーンを手に入れる条件を考えると、ホークアイにとってやはり、ウイドーは、というのが、また切ない

そして、キャプテンアメリカ、アイアンマン、アントマンチームのタイムスリップは、本当に泣ける。

泣くわ、こんなん

 

ちなみに、キャプテンアメリカの衣装だが、前作インフィニティ―ウオーでは、あの自他とも認めるダサい衣装を着ていなかったので、もう潔く「ダサいからやめた」のかと思ったら、今作ではちゃんとフル装備で登場している。

しかし過去にタイムスリップした時のキャップの衣装と、最終決戦の時の衣装はデザインは同じだが、明かに彩度と明度を落としている。

やはり、最終決戦にこの配色であの彩度で行くと、目立ちすぎて狙われやすくなると思ったのか、かなり「保護色」にしているのだ。

夫にその違いを鑑賞後説明したら「そうか?」と言っていた、おそらく私ほど、キャップの衣装の彩度と明度を気にしている奴はいないのだろう。

 

そして最終決戦だが、良い意味で「ヒエッ」となった。

最後今までの仲間が大集合するというのはヒーローものの鉄板だが、その鉄板をここまで壮大に長い期間をかけてやられると「絶句」せざるを得ない。

数作品しか見ない私ですら、息が止まったので、全シリーズ見た人はフィンガースナップを喰らった人みたいになって、今ごろ、映画館の砂になっているんじゃないだろうか。

とくにスパイダーマンが戻って来た時には泣いた

PKSM(ピーターかわい過ぎ問題)

泣くわ、こんなん

 

ちなみにドクターストレンジが返ってきた時もテンション上がった

顔が良い。そして絵に描いた魔法使いファッション、一緒にいる太い人もポイントが高い

そして最後のジェスチャーで死ぬ、俺が。

ある意味今作のヒロインであるネピュラ。この軽口シーン、が良い。

ソーと同じく、バランスブレイカーになりかねないせいか、最初と最後の方しか出てこないキャプテンマーベル

明かに、最初からスケールがちょっと違う

 

 

 

 

 

 

 

そしてラストの展開であるが、まあわかっていても辛い。

ちなみ私は、見る前に超ド級のネタバレを喰らっていた、現在、グーグルの検索窓に、アベンジャーズの登場人物の名前を入力した時点で、不可避なネタバレを見る羽目になるので、ここまで読んでネタバレもクソもないだろうが、これから見る人は気をつけてほしい。

だがわかっていても、なのである。

 

良かった、すごい良かったのだけど。

 

ともかく「見て良かった」のだけは確かな映画である。

ちなみに、我々熟女が気になるトイレ問題だが、普通に何人もトイレに立っていたので、我慢して集中できなくなるよりは「サーセン!サーセン」と言いながら。さっさと行ってきた方が良い

ただ「全シーン見どころ」なので、トイレに行っていいタイミングが皆無、なのがエンドゲームの欠点かもしれない

 

 

あわせて読みたい